FISHING INFORMATION

知って楽しい!釣りの知識や道具、料理、アウトドアなど、番組にちなんだ情報を紹介します!

Vol.72 イワナは臆病だけど、たくましい!?

渓流釣りで人気のイワナはとても警戒心が強く、少しでも人の気配を感じると奥へ隠れてしまう臆病な魚として知られていますが、実はとってもたくましい驚きの一面があります。

歩くイワナ
歩くイワナ

イワナは、渓流魚の中でも最も源流域に生息しており、水位がほとんどない最上流域でも生きることができるたくましさを持っています。
ほかの魚は水がない場所になると弱ったり、その場でバタバタするだけで身動きがとれなくなりますが、イワナは水を求めてヘビのように這いながら地上を移動したり、横たわった状態からでも胸ビレを器用に使って起き上がり、川の中へ戻っていきます。
この事から釣り人の間でイワナは「歩く魚」と言われています。

また、山奥のキレイな渓流にしか生息しないことから穏やかで神秘的なイメージを持ちますがその性格は実は非常にどう猛で、昆虫や小魚、カエルなど、動くものなら何でも食べる肉食魚です。
30cmを超える個体は「尺イワナ」と呼び、中には50cmを超える個体も存在し、大型になるとネズミやトカゲ、ヘビなどの小動物までも食べるようになります。

イワナは釣る以前にその存在を目にする事も難しく、渓流釣りをする人にとっては憧れの魚となっています。
何でも食べてしまう性質から食欲旺盛の時に出会うと生エサはもちろん、動くものなら何でも食らいついてくるため、釣りの対象としてルアーやフライフィッシングをする人にも人気です。

安達勇人

イワナは「渓流の王者」と言われているんだそうです!
自らが生きる手段を持ち、生命力がとても強いですよね。
臆病なのではなく、そのたくましさや警戒心の強さが山奥でも生きていける理由なのかもしれませんね。

Vol.71 ヤマメとサクラマス?

山奥のキレイな川に生息し、美しい見た目からも“渓流の女王”と言われている「ヤマメ」ですが実は育った環境によって名前が変わる魚だということはご存知でしょうか?

ヤマメとサクラマス
ヤマメとサクラマス

陸封型(りくふうがた)

一生を淡水で生活する生態型のことを言います。
渓流で育ったヤマメは最大30cmほどまでに成長します。
30cmを超えるものは「尺ヤマメ」と呼ばれ、渓流釣りをする人にとって憧れの存在です。

降海型(こうかいがた)

川で産まれ、2年ほど過ごしてから海へ下る生態型のことを言います。
海では1年ほど過ごし、50cmを超え、桜が咲く季節の頃に産まれた川へと戻ってきます。
この事から降海型のヤマメは「サクラマス」と呼ばれ、最大で70cmほどに成長することもあるそうです。
外敵から身を守りながら海で過ごし、たくましく成長した姿で産まれた故郷の川に戻ってくるというのは、なんとも言えない魅力がありますね。

川に留まるか海へ旅立つかの違いは、エサを獲り始めるころから出始めます。
川に留まるのは、比較的エサをうまく獲ることができるオスが多く、川で生き残る事ができた魚がヤマメになります。
一方、オスに比べて比較的エサを獲るのが苦手なメスが、危険は多いもののエサが豊富な海へと下ることが多いそうです。

また、ヤマメの体に付いているキレイな模様「パーマーク」は、群れで泳いだ時に外敵の目をくらませ身を守るためについているそうです。
大きくなるにつれて模様が消えるのは、強さの証だと言われています。

安達勇人

同じヤマメでありながら育つ環境によって名前もその大きさや特徴が変わるのは面白くて興味深いですね。 川や海で育ってもその美しい魚体に変わりはなく、女王の名にふさわしいですよね。 海でもサクラマスに出会ってみたいですね!

Vol.70 アジの視力

アジ
アジ

アジの視力がどのくらいあるのかご存知でしょうか?
人でいうと、体長10cm前後のもので視力は約0.12ぐらいと言われています。
私たち基準で考えると、あまり見えていなさそうと思うことから「本物のエサじゃなくても疑似餌でも釣れそう」と思いそうですが、実はアジは動体視力が非常に高く、動くものに対する認知能力がとても高いと言われています。
魚を誘う時の素早いルアーの動きも、驚くことにアジにはスローモーションのように見えているそうです。
そのため動かし方に違和感があるとなかなか食いついてくれません。

それ以外にも、人は主に光の三原色(青・緑・赤)を感知できますが、多くの魚はさらにもう一つ紫の色覚があり、人には見えない色も認識できるそうです。
さらに青や紫は水深が深くなってもあまり変化がない色で、逆に赤などの色は水深が深くなるにつれて黒っぽく見えるようになります。
ケイムラカラー(蛍光紫色)が効果的と言われることも多く、水深などの要因でアジの食い気はガラッと変わるのは、カラーが関係しているのかもしれませんね。
皆さんもアジの習性や好みを調べてみてチャレンジしてみてください。

安達勇人

手軽で活性が良い時は爆釣が期待できるアジ釣りですが、こう聞くととても難しそうに感じますね。
更にアジの視界は広く、特によく見えるのが斜め上だそうです!
アジの習性を生かしてアジ釣りを楽しみましょう、僕も勉強になりました!

Vol.69 アジの名前の由来

アジはなぜ「アジ」という名前なのかご存知でしょうか?
実はその魚の美味しさに由来しており、とっても味が良い魚だから「アジ」と付けられたと言われています。
また漢字だと“魚に参る”とかいて「鯵(アジ)」と読むことから“美味しすぎて参ってしまう”と言われているそうです。
そのほかにも、アジの一番美味しい季節が旧暦の3月ということから数字の「参」が使われていたり、「参」という漢字には多くのものが入り交じるという意味があり、アジが群れをなす習性があったことから付けられたとも言われています。

そして今回は、綾瀬ちゃんがたくさんのアジ料理を作ってくれました!

vol.69_38

綾瀬美悠
「特にアジフライが身がフワフワで美味しかったです。
骨や頭まで料理次第で全部食べられます!」

アジは手軽に始められる釣りとしても、お店などでもよく見かけ、私たちにとっても欠かせない最も身近な魚です。
淡白な味わいの中にある深い旨味は、その由来に劣らないくらいに美味しく、幅広い世代に愛されています。

安達勇人

アジは、クセがなくてどんな料理とも相性が良いんですよね。
お刺身でも焼いても揚げてもどれも美味しくて参っちゃいますね~!
みなさんもたくさん釣って、いろいろな食べ方でアジを楽しんでくださいね!

Vol.68 イカの種類いろいろ

ダイオウイカ,マッコウタコイカ,ユウレイイカ

釣って楽しい食べて美味しい「イカ」は非常に多種多様で全世界におよそ450種ほどが存在、そのうち日本には140種ほどのイカが生息しています。
有名なところでは、番組で紹介された「マルイカ」「ヤリイカ」「スルメイカ(マイカ)」の3種のほかに、沖漬けなど肝ごと食べられる「ホタルイカ」や、頭の先が剣のように鋭い「ケンサキイカ」、イカの王様「アオリイカ」、小さくて可愛らしい見た目の「ジンドウイカ(ヒイカ)」などがいます。

また、全長3~4mから最大およそ18mにもおよぶ深海の巨大生物「ダイオウイカ」や、マッコウクジラのお腹の中から発見された体はタコのように足が8本のイカ「マッコウタコイカ」や、深海に住み細長く幽霊のように体が半透明の「ユウレイイカ」などがいます。

日本に生息している種だけでもすべてに出会うのは難しいですが、釣り場でイカが釣れた際には種類を調べてみてくださいね。

安達勇人

ダイオウイカやユウレイイカなど深海に住む生物は未知で、神秘を感じますよね!
自分で釣りあげることは難しいですが、水族館などでその姿を見れるかもしれません。
気になる方は調べてみて、ぜひその姿を見に行ってみてくださいね!

Vol.67 イカは体に良い?

イカ
イカ

釣って楽しい食べて美味しい「イカ」は私たちの生活にも身近な存在ですが、実は体にとっても良い成分が入ってるのをご存知でしょうか?

イカには、疲労回復の効果が見込めるタウリンという甘みを感じる成分が多く含まれています。
また、よく噛むことにより脳に酸素が多く運ばれ、リラックス効果やイライラの解消にもつながります。
脳の栄養素として欠かせないビタミンも含まれ、口内炎予防や不眠、頭痛などを抑える効果もあります。

さらに、コレステロールを下げる効果があるDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれていたり、噛めば噛むほど食欲を抑える指令を出す満腹中枢を刺激し、少量でも空腹が解消されたりと、ダイエットにも効果的です。
高タンパク低カロリーなため、健康的な体づくりにも適しています。
お刺身はもちろん、焼いてもよし、煮ても揚げてもよし、いろいろなアレンジで食事に取り入れて、おいしくいただきましょう。

安達勇人

おいしいだけでなく、健康にも良いなんてイカは万能ですね!
そのほかにもコラーゲンなど、まだまだたくさんの成分が入っていたり、期待できる効果もあるので調べてみてくださいね。
体に良いからと言って、食べすぎには気を付けてくださいね!

Vol.66 ヘラブナ釣りのルール②

ヘラブナ
ヘラブナ

さまざまな釣りを経験した人が最終的に行き着くところと言われている「ヘラブナ釣り」
ほとんどの釣りは魚を釣り上げれば釣果にカウントする事が多いですが、
ヘラブナ釣りは“スレ”と言われるハリが口以外の場所にかかった場合は、ヘラブナを釣ったとはいえません。

釣り掘や管理釣り場などで行われる大会でもほとんどがスレ禁止のルールを設けています。
野釣りでも、基本的にスレで釣るのはルール違反ともいわれているそうです。
「ただハリが掛かれば良い」という訳ではなく、ヘラブナに口を使わせてこそ“釣った”と言える釣りなのです。

スレはアタリを見極めきる前に竿を挙げてしまい、近くにいるヘラブナにあたってしまう事が多いそうです。
そのためアタリの見極めと、ヘラブナが寄りすぎてこないようにエサを調整する事も大切です。
ヘラブナ釣りが上手な人でもスレを100%無くすことは難しく、起きてしまう時ほど原因を探って試行錯誤を繰り返していくのがスレ回避の近道とも言えます。
まずはヘラブナのアタリを見極められるようウキの動きに集中してみましょう。

安達勇人

なかなか思い通りに釣れない時こそ、いろいろ考えちゃいますよね!
難攻不落のゲームをクリアするみたいに楽しみながらヘラブナを“釣った”と言えるようにチャレンジしてみてくださいね!

Vol.65 ヘラブナ釣りのルール①

ヘラブナ釣り堀
ヘラブナ釣り堀

ヘラブナ釣りは関西の釣り堀から発生したのち関東にも広まり、その後、全国的に普及し人気となってきました。
「釣りはフナに始まりフナに終わる」という言葉があるように古くから愛され親しまれてきましたが、実はいくつかのルールやマナーがあるのはご存知でしょうか?

一度に出す竿は1本のみ!

ひとつのウキに集中して釣りを楽しみましょう。
リールなどもないシンプルな道具のため、ウキの動きを見逃さないように釣るとても繊細な釣りです。
また、釣り堀などではほかの釣り人の邪魔にならないよう配慮する意味でも道具を最小限にすることも大切です。

返しが付いていないハリを使用すること!

釣り堀に放流されているヘラブナにダメージを与えないことがとても大切です。
一般的にヘラブナは持ち帰らないので釣りあげるまでを楽しむ事に集中しましょう。
返しが付いていないハリだとかかったヘラブナが外れやすいのでは・・・と思いますが
どうヘラブナをキャッチするのか?返しに頼らず自分の力で釣りあげるのもヘラブナ釣りの面白いところとなります。

ほかにも生きエサやまきエサが禁止など、釣り堀や管理池などでルールが設けられています。
場所によっては使用する竿の長さやハリの数などにも決まりがある場合があります。
ルールは、釣りだけでなくゲームや遊びなどを安全に楽しくするために存在します。
知らなかったとならないよう、あらかじめ禁止事項はないかなど調べて、ルールは守るようにしましょう。

安達勇人

野釣りでも、どんなに釣れている人が居ても一定の距離を保つなどのマナーもあります。
どのルールも釣り人同士が気持ちよく釣りをするためだったり、ヘラブナを守るためですね。
みんなが心地よく安全に楽しめるようにルールは守りましょうね!

Vol.64 “味変”料理で美味しく!

今回は、特別編!
番組で釣れたワラサを安井まゆちゃんが料理してくれました!

ワラサのフレーク
安井まゆ
フレークにしていろいろな料理に。
白ごはんとの相性はバツグン!

魚の切り身を茹でるかグリルで焼いて火を通し、皮と骨を取り除きます。
ほぐした身を火にかけて水分を飛ばし、お酒と塩をなじませるように混ぜ、最後に白ごまを散らせば完成です。
冷めたら密閉できる保存容器に入れ、冷蔵庫で保存してください。
冷凍することもできるので作り置きとしてさまざまな料理に活用する事ができます。

ワラサのピリ辛照り焼き丼
安井まゆ
韓国風の甘辛でいくらでもペロリ!
濃い味つけにしすぎないのがコツ。

コチュジャンや豆板醤を使った甘辛いタレに、片栗粉をまぶした魚の切り身を漬けて焼くだけ!
最後にトロトロの温泉卵と白ネギをのせればいくらでも食べられちゃいます。
辛いのが苦手な方はお酒2・みりん2・醤油2:砂糖1でも甘辛ダレを作る事ができます。

魚釣りは釣るのも楽しいですが、釣った魚を料理して食べるのが醍醐味ですよね!
ワラサに限らず、ほかの魚でもまだまだ美味しいレシピはたくさんあるので調べて料理してみてくださいね。

安達勇人

新鮮なうちにお刺身などで食べるのも美味しいですが、ワラサのように大きな魚が釣れた時に“味変料理”があると楽しめますね。
みなさんもオリジナルの味変料理があればぜひ教えてくださいね!

Vol.63 マダイのオスとメス

マダイのオスの特徴 マダイは、体長30cm以上の成魚になれば性別を見分けることができますが、どのような特徴があるのかご存知でしょうか?
マダイは「魚相」に個性があり、顔つきだけでも判別がしやすい魚です。

マダイのオスの特徴

≪ マダイのオスの特徴 ≫

おでこが前に突き出しているように目のまわりの骨が発達しています。
また、顔がいかつく、細長くたくましい体格をしていて色はやや黒っぽい事が多いです。

マダイのメスの特徴

≪ マダイのメスの特徴 ≫

目の上の青いアイシャドウが目立ちやすいです。
優しい顔つきで全体に丸みを帯びてた体格をしており、色はキレイなピンク色であることが多いです。

マダイは成長の途中で性転換をする魚種のひとつです。
両性状態で生まれ、少し成長するとほとんどがメスとなり、成熟する頃にはオスとメス、ほぼ半数づつに分かれると言われています。
また、一生メスのまま過ごす「生涯メス」も存在すると言われています。

安達勇人

特徴があるといっても時期や個体差があるので、パッと見ただけで判別は難しいかもしれませんね。
卵に栄養がとられない分、オスの方が美味しいと言われているみたいですがどうなんでしょう?
ぜひ見た目と味を比べてみてくださいね!

安達勇人

FISHING INFORMATIONコーナー担当:安達 勇人さん

声優・俳優・アーティスト・さらには、いばらき大使としてさまざまなシーンで活動中の安達勇人さん。
実は声優・俳優界きっての釣り好き!
番組エンディング曲 「変身」も担当中♪


安達勇人オフィシャルサイト「ADACHI HOUSE」
https://adachiyuto.com/