FISHING INFORMATION

知って楽しい!釣りの知識や道具、料理、アウトドアなど、番組にちなんだ情報を紹介します!

Vol.10 簡単!アウトドア料理をご紹介

カルトッチョ
カルトッチョ

今回は、アウトドアでも簡単にできるレシピ「カルトッチョ」をご紹介!
「カルトッチョ」とはイタリアの代表的な蒸し焼き料理で、イタリア語の「カルタ(紙)」が由来とされています。

クッキングシートに白身魚とお好みの野菜をのせて塩コショウをし、オリーブオイルをたらします。
シートを閉じて蒸し焼きにすれば簡単にカルトッチョができあがります。
蒸し焼きにすることで旨味と香りが閉じ込められいて、食材の水分を保つため身はふっくらし、包みを開けた瞬間にふわっと香る匂いは絶品です。

フカセ釣りで人気ターゲットのメジナや、タイやヒラメ、タラなどの白身魚がオススメです。
そのほかお好みでいろいろな野菜や魚介類、ニンニクやバター、レモンなどを入れても香りが立って美味しいです。

安達勇人

アウトドアで作る時は、アルミホイルを使うと直火でも作れちゃうんです。
釣りたてのお魚で美味しい料理。包みを開けた瞬間、ふわっとたちのぼってくる香り・・・う~ん、たまりません!
みなさんもぜひお試しあれ!

Vol.9 フカセ釣りのウキ!悩んだらこれを!

フカセ釣りは、糸とハリの重さだけでハリに付けたエサを海中に漂わせて魚を誘う釣り方です。

これからフカセ釣りを始めようと思って、ウキの種類の多さにとまどってしまう人も多いのではないでしょうか?
ウキひとつとっても、浮力が弱く海に沈んでいく「00(ゼロゼロ)」や、浮力が強く漂ったり浮き上がってくる「G2(ジーツー)」や「2B(ニービー)」などさまざまな種類があります。
いろいろな浮力のウキを、その日の活性や魚が潜んでいる場所、風や潮流など状況に応じて使い分けることで、釣果アップへと結びついていきます。

ウキの中でも中間浮力の「0(ゼロ)」が基準となり、何を使ったら良いのか分からない最初のうちは難しく考えずに「0(ゼロ)」のウキを使ってみるのがいいかもしれません。
慣れてきたらどんな仕掛を使おうか考えていくのも楽しみのひとつになります。

ウキの種類(浮力)
安達勇人

フカセ釣りは、簡単そうに見えてとっても奥が深い釣りなんです。
大型の魚もかかりやすく、細い竿が思いっきり曲がる魚とのやりとりは、おもしろくてはまっちゃいますよ!
まずは基準「0(ゼロ)」のウキで感覚をつかんみて、これからどんどんチャレンジしてみてくださいね!

Vol.8 自然を満喫!ヘラブナの野釣り

利根川水系
富士五湖

ヘラブナ釣りというと、管理釣り場での釣りを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?
実は、自然にできた池や川、湖、ダムなどでも楽しむことができます。

管理釣り場も野釣りも、それぞれに魅力があります。
管理釣り場は、必ずヘラブナがいる中ほんの少しの違いで釣果が大きく変わり、その日その時で異なる活性や、性格の違うヘラブナたちと知恵くらべを楽しみながら数釣りができます。
野釣りは、釣果なしというリスクを負いながらもどこかに潜んでいるヘラブナを求めて、釣れた1枚に価値を見い出し、魅力を感じる方が多いです。
茨城県や千葉県に広がる利根川水系や、富士山のふもとに点在する富士五湖など、さまざまな場所で野釣りを楽しむことができます。
管理釣り場から始めてみて、慣れてきたらいろんなフィールドに出かけてみるのもいいですね。

安達勇人

自然の中でのんびり釣りをしながら1枚のヘラブナを求めるなんて、なんかロマンがありますよね・・・
釣りって、集中しているとついつい時間が経つのを忘れてしまうんですよね。
みなさんも、夢中になって帰る時間が遅くならないよう、気をつけてくださいね!

Vol.7 ヘラブナ釣りの始まり

ヘラブナ
ヘラブナ

ヘラブナは、大正から昭和、関西地方で食用として養殖されていたゲンゴロウブナという種類の魚を品種改良して生まれたと言われています。
体高が高く、背中が盛り上がったような体型をしているのが特徴です。
「釣りはフナに始まりフナに終わる」という格言があり、子どもの頃、川や池でフナ釣りを経験し大人になって再びフナ釣りに戻るという事で、ヘラブナはそれ程身近な魚でした。

ヘラブナは、水質の悪化に強く、泥臭い場所でも生き続けることができます。
そのため臭みが強く、持ち帰って食べるなどの食用イメージはありませんが、水質の良い場所で育ったヘラブナはけっこう美味しいとも言われています。

ヘラブナ釣りはいっけんハードルが高そうに見えますが、奥が深く、魅力にはまると抜け出せない人も多く、座って釣るため疲労が少なく、一生続けられる釣りともいえます。

安達勇人

キレイなところで育ったヘラブナは食べることもできて、しかもけっこう美味しいんですね!
冷やして身を引き締めた洗いに、唐揚げに、煮付けに・・・
あっ!食べられると言っても管理釣り場は持ち帰りを禁止しているところが多いので、マナーはきちんと守ってくださいね!

Vol.6 テンヤの色で食い気が変わる!?

テンヤの種類

タチウオテンヤとは、オモリと掛けバリが一体化した「テンヤ」と言う仕掛けに、イワシなどのエサを針金で巻き付けてセットし、タチウオを釣る方法です。
活性状況により誘い方も異なり、掛かった時は「自分でハリに掛けた」という満足感を味わう事ができる釣りです。

食いが渋くタチウオがなかなか掛からない時は、同じ船内で釣れている人が使っているテンヤの色を参考にしてみてください。
アピール力の高い夜光カラーや、しま模様のカラーなど、テンヤの色を変えるだけで釣果が変わるかもしれません。
そのほかサイズや形状など、釣果が変わる理由はさまざま。船長に聞いてみるのも、釣果アップへの近道となります。

安達勇人

タチウオテンヤだけに限らず、ヒットカラーやサイズ、誘い方、ポイントはその日その時によって千差万別。
自分で思い当たる方法に変えてみてアタリが出た時こそ、釣りの楽しみの一つ「釣った感」を味わうことができますね!
みんなもいろいろな方法にチャレンジしてみてね!

Vol.5 お得に船釣りを楽しめる方法!?

釣り船を運営しているお店のことを「船宿(ふなやど)」と言います。
船宿には大きく2つ、釣りに行く方法があります。

≪ 乗合船 ≫(のりあいせん)

他のお客さんと一緒の船に乗って、釣りをする方法です。
比較的料金が安いため、気軽に乗船ができます。
船宿によっては予約をせずに乗船できるところもあり、思い立ったら一人でもふらっと釣りに出掛けられます。
一人一人のマナーも大事ですが、他のお客さんと仲良くなって釣り友ができることも!

≪ 仕立船 ≫(したてせん)

家族や友人と船を貸し切って、釣りをする方法です。
仲間同士の集まりのため、出船や帰港時間、釣りものなど自分たちに合ったプランの釣りができるのが特徴です。
貸し切りといっても、初心者の方にはサポートしてくれたり、シーズンオススメの釣りものを案内してくれたり、船宿さんによって様々。
予約をする時に、自分たちの希望を伝えてみてくださいね。

安達勇人

どちらも、それぞれに特徴がありますね!
仕立船は、友達をたくさん誘って貸切ると、乗合船よりもお得に釣りが楽しめちゃうかも!
船の大きさによって乗れる人数も異なるので、お店の人にいろいろと確認してみてね!

Vol.4 便利!ラインマーカー

リールとライン

PEラインとは「ポリエチレン」からできているライン、釣り糸の事です。
PEラインは、10mごとの色付きマーカーから、岸際から仕掛がどれくらい離れた位置にあるのかを知ることができます。

ラインマーカー

投げ釣りは、100m以上遠投する事もあるため、25mごとに色分けされているものもあります。
ラインにはPEの他、ナイロン、フロロカーボンなどがあり、それぞれに適した特徴を持ちます。

安達勇人

今回の投げ釣りでも、魚が集まっているところを探っていましたね!
見えない海の中だからこそ魚がどこにいるのか探る事は、とても大切なんです。
アタリがあったら、手元のラインが何色だったのか覚えておくと次に狙う距離や場所を絞りやすくなるよ!

Vol.3 覚えてみよう!釣り用語

≪ アタリ ≫

魚が仕掛に食いついてきた時に、竿先が”ちょんちょん”と動いたり、手元にコツコツと振動が伝わってくることをアタリといいます

≪ 時合い ≫(じあい)

潮の動きや天候、時間帯など、様々な条件が重なり
魚の活性があがり、よく釣れるようになるタイミングのことを時合いと言います。

安達勇人

釣りの世界には、まだまだたくさんの専門用語があります。
少しずつ覚えていくと、釣りのことがもっともっと分かって面白いですよ!

Vol.2 トラウトの種類いろいろ

ブルックトラウト

背ビレや尾ビレまでキレイな斑点模様があり、下部が赤味を帯びているのが特徴です。
自然界ではブルック(brook=小川)の名の通り、穏やかな流れの河川に住んでいて日本名では「川鱒(カワマス)」と称されています。

ロックトラウト

強烈な引きが魅力的で、魚とのやりとりを楽しめるため、人気があります。
ニジマス×イワナの掛け合わせでできた種類で、背中の黒点が唐草模様に繋がっているのが特徴です。

イトウ

「日本最大の淡水魚」や「幻のさかな」と呼ばれ、釣り人憧れの魚のひとつでもあります。
糸のように細長い体系の個体を持つことからその名が付けられ、体長は1m前後から、大きなものは1.5mになることもあります。

安達勇人

トラウトとは、マス類を表す呼称です。

トラウトは種類がとても豊富で、今回紹介した以外にも、ヤマメやブラウントラウト・タイガートラウトなど、釣り場によって放流されている種類や呼び名もさまざまなので、注目チェックしてみてね!

Vol.1 ルアーの種類いろいろ

クランクベイト

ブルブルと震えるアクションが特徴で、ルアーの中でもコントロールがしやすい。
巻くだけで一定の水深を引くことができます。

ミノー

細長く、外見を小魚に似せていて、まるで生きた魚のように泳ぐのが特徴のルアーです。

スプーン

本物のスプーンのような形をしていて、トラウトフィッシングによく使われる金属製のルアー。
さまざまなアクションで、魚にアピールしやすい動きをつける事ができます。

安達勇人

ひとことにルアーといっても、今回紹介したもの以外にカラーや形状、重さなどが違うルアーがたくさんあるよ!
釣るための条件もさまざま。釣れるルアーを探し出すのも楽しみの一つです!
これから登場してくる様々なルアーにも、ぜひ注目して観てみてね!

安達勇人

FISHING INFORMATIONコーナー担当:安達 勇人さん

声優・俳優・アーティスト・さらには、いばらき大使としてさまざまなシーンで活動中の安達勇人さん。
実は声優・俳優界きっての釣り好き!
番組エンディング曲 「ONEWAY」も担当中♪


《公演情報》※全公演 完全無料生配信!!

安達勇人Zepp LIVEツアー2020-2021『~初めまして、安達勇人と申します~』
https://adachiyuto.com/contents/363317?tag=all